top > 書籍 > 超説ハプスブルク家 貴賤百態大公戯

書籍

超説ハプスブルク家 貴賤百態大公戯

チョウセツハプスブルクケ キセンヒャクタイタイコウノタワムレ

菊池 良生 著

超説ハプスブルク家 貴賤百態大公戯

定価 本体1,800円+税

判型 四六判上製

頁数 276頁

ISBN 978-4-908110-03-0

[内容紹介]

ヨーロッパに700年間君臨し続けたハプスブルク家の鉄の掟=貴賤婚の禁=の前に、命をかけて抵抗した大公=プリンス=たちの、狂乱の態を、名人・桂米朝の名演「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」さながらに、ハプスブルク家研究の泰斗が語り尽くした1冊。

1914年6月28日、サラエボでオーストリア皇太子夫妻がテロリストに暗殺された。これが引き金となって、人類は未曾有の惨劇・第一次世界大戦に巻き込まれた。が、同時に、斃れた二人の“貴賤の婚”を分かつ銃弾でもあった。ナポレオンの後妻、マリー・ルイーゼ、南大西洋に消えたヨハン・オルト、街娼との婚姻を繰り返すレオポルト・フェルディナント……。人間の業の深さゆえ繰り広げられた悲喜劇と、複雑怪奇な欧州情勢が見事に織り込まれた、“超説”全7幕!
[目次]

口  上 妄言妄語一説
外務大臣 カルノキー伯爵
序 章  妥協の帝国
第二幕  新聞辞令
ザクセン=コーブルク=ゴータ家 フェルディナント殿下
亡霊   ヘレンバハ男爵
第三幕  死ぬほど退屈なのだ
長老   アルプレヒト大公
第四幕  貴賤婚
舞姫   ミリ・シュトゥーベル
ウィーン秘密警察 ワーグナー刑事
第五幕  皇太子の小函
ミリの姉 ローリ・シュトゥーベル
宮内大臣 モンテヌーヴォ公爵
第六幕  皇籍離脱
第七幕  ホーン岬に散る

ヨハンの母 マリア・アントニア大公妃
[著者紹介]
菊池良生(きくち よしお)

1948年生まれ。明治大学理工学部教授。専攻はドイツ・オーストリア文化史。

『戦うハプスブルク家―近代の序章としての三十年戦争』『傭兵の二千年史』『神聖ローマ帝国』『ハプスブルク帝国の情報メディア革命―近代郵便制度の誕生』『警察の誕生』『ハプスブルク家の光芒』『哀しいドイツ歴史物語 歴史の闇に消えた九人の男たち』、『図説神聖ローマ帝国』『検閲帝国ハプスブルク』『皇帝銃殺 ハプスブルクの悲劇 メキシコ皇帝マクシミリアン一世伝』など多数の著書がある。

ご購入

ご購入は下記のサイトからお願いいたします。

※ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。

  • 紀伊国屋書店
  • honto